一年通して観光できる古都鎌倉。今回はリゼッタ鎌倉店のある鎌倉駅西口から文学館までのお散歩コースです。
「お散歩レポート1」はこちらから

:::::: 画像をクリックすると詳細ページをご覧いただけます ::::::

草花店 苔丸
  • Lisette 鎌倉店 & オクシモロン

    品川駅から50分程でつく鎌倉駅。 都心からそう遠くないのに、駅におりたった時に感じる緑の香りと観光地の賑わった雰囲気に、すっかり旅行気分です。 リゼッタ鎌倉店があるのは西口から徒歩4分のところ、地元の方が多い落ち着いたエリアです。 店内に入ると、アンティークの家具やソファーが目にはいり、すっと気持ちが落ち着きます。 商品はお店の奥に並べられていて、じっくりゆっくりお買い物ができそう。 フィッティングにソファーがあるのもうれしいですね。

    カレーやさんのオクシモロンと繋がっているユニークな作りの店内で、 小町通りのオクシモロンはお昼どき、10組以上の行列ができますがこちらはお昼どきでも比較的早く席へご案内でき、 地元の方の穴場カフェとなっています。

  • 御成小学校

    皇室の御用邸の跡地に建造された創立80年以上の御成小学校。正門はまるで武家屋敷のようで、さすが古都といった趣です。 校名の看板は小説家・俳人の高浜虚子によるもので、子どもを見守るようなやさしい眼差しを感じる銘板です。 中には広い校庭に近代的な校舎がたっており、元気な子供の声がきこえてきます。

  • 鎌倉市中央図書館

    御成小学校の裏手にある市立図書館。中には今は懐かしい木製のカウンターがありそこで貸出返却ができます。 地元情報誌、コンサートなどのチラシも沢山あり、図書館で情報を入手するのも思いもよらない素敵な出会いにつながりそうです。

  • カトリック由比ガ浜教会

    商店街を歩いていると、かわいい水色の屋根が見えて立ち寄ったカトリックの教会。 ヨーロッパの田舎の教会を思わせるのどかな佇まいです。 室内は両側にステンドグラスが並んだ厳かな雰囲気で、暑い日だったのですが心も体もすっと落ち着きます。 1913年に鎌倉で最初に設立されたカトリック教会で、中の張り紙などを見ると地元の方から愛されているのが分かり、初めてきた場所なのに愛おしい気持ちになりました。

  • 由比ヶ浜商店街

    通りの両側におしゃれなカフェや雑貨やさん、鎌倉らしいお店などが点在している商店街。 江ノ電に乗らなくてもここを通れば、楽しみながら海まで行けると思います。 特に気になったのは、しかけ絵本専門の本屋さん。 店内は撮影できなかったのですが、天井まで本が並んでいて本当に絵本の世界に入ったようです。 しかけ絵本も大人が楽しめるものが多く、サンプルがあるのでそれを見ているだけで時間が過ぎるのを忘れます。 商店街には、他にも金属を職人さんがその場で打って作った風鈴やさんや、武家屋敷のような建物の鎌倉彫のお店など、 楽しい商店街です。

  • 江ノ電の踏切

    由比ヶ浜からの戻りに人通りの少なそうなところを選んだら、 子どもの頃の夏休みを思い出すような長閑な住宅街を通りました。 そこにある小さな踏切もなんともかわいく懐かしいさを感じました。

  • 鎌倉文学館

    由比ヶ浜から徒歩10分ほどの場所にある鎌倉文学館。アプローチの緑の並木が心地よく迎えてくれます。 建物はアールデコ様式が随所にみられる旧前田侯爵の別邸で、重厚な趣。 企画展も行われており、伺った時には「たかどのほうこの世界」展が展示されていました。 絵本「まあちゃんの長いかみ」などの原作者で、子どもの頃大好きだった絵本の原画に大変感動しました。 また、まあちゃんに変身できる部屋があり、ユニークな内容でとても面白かったです。